*ドリルとは?*

ドリルって何ですか?とよく聞かれます。
小学生の嫌いなものでも、DIYのお供でもありません。応援部吹奏楽団におけるドリルとは…
  “マーチングの一種”   です。
マーチングは外でやるものも体育館でやるものもありますが、ドリルはステージという限られた空間を使って歩き、舞い、そして華麗に演奏をして観客をとりこむものです。
ここからは応援部員を魅了してやまないドリルステージの魅力をお伝えしていきたいと思います。

題して… 第44回定期演奏会を100倍楽しむ方法 〜ドリルステージ編〜

ドリルの魅力 その一… DM&GC

DM&GC

DM(ドラムメジャー)とは、マーチングにおける指揮者のことです。
メンツ(楽器を吹きながら歩く人たちのこと)の構成、演奏そしてアクションは全て彼女の手の内に。応援部吹奏楽団のドリル練習における絶対権力者なのです。

GC(ガードチーフ)とは、カラーガード(旗やライフルを使ってパフォーマンスをする人たちのこと)のリーダーのことです。
カラーガードの振り付け、衣装、そして表情までもが彼の手の内に。カラーガードのメンバーには絶対権力者DMの権力も届かないのです。

このDMとGC、本番はどこにいるのか気になりますね。

実は上の写真の印をつけた部分で指揮を振っているのです。皆はこれを見ながらタイミングを合わせているのですね。
そんな二人ですがたまに舞台に舞い降りてくることが有ります。皆さんは本番、そのレアな瞬間をお見逃しなく!

さらにこのお二人からはコメントを頂いています。

ドラムメジャー
ー今回の定期演奏会で披露させていただくドリルステージは、メンツとカラーガードそれぞれの見せ場もあれば、メンツとカラーガードが一体となった隊形変化やチアリーダーズとのコラボもあり、最初から最後まで目が離せません。
その中でもメンツの注目ポイントは、Main Corpsの4曲目で披露する「The Attack on Rue Plumet」です。この曲はメンツのみが出演し、文字通り休む間もなく動き続け、切れの良い隊形変化で皆様をあっと驚かせます。私のドリルへの情熱を余すところなくこの曲に注ぎ込みました。
この曲に限らず、ステージを通して息の合った動きと豊かなサウンドをお客様にお届けするべく、部員一同地道な練習を積み重ねております。当日はぜひ府中の森芸術劇場にお越しいただき、私たちのドリルに魅せられてください!

ガードチーフ
ー私は「楽しんでガードしよう!」という方針を年初に掲げ、1年間練習に励んで参りました。
如何にも幼稚な方針ではありますが、多大なる業務量や活動頻度、学業との両立、そして伝統的な応援部の礼儀作法や行事など、練習に打ち込むという観点からみれば障壁となるものが数多くある中で、練習を楽しむ、音楽を楽しむという気持ちを保ち続けることは時に容易ではなくなります。
しかし楽しいという気持ちは練習へのモチベーションとなり、それで上達するとさらに楽しくなりますので、全員がカラーガードを楽しんでいるという状況を当然のように作り出せるよう尽力して参りました。
本定期演奏会においても、ライフルを用いた演技やスリリングな旗の交換技、大きく体を使った振り付けなどを組み込むことで練習しごたえあると感じてもらえるよう意識し、またプレイヤー自身にもどうすれば上達するか、どういうカラーガードを目指したいかなど主体的に考えてもらうよう促し、カラーガードの奥深い魅力をまずプレイヤー自身が感じられるようにと考えて参りました。
またメイン曲のLes Miserablesでは、登場人物と重ね合わせたソロやソリを入れるなど演出面でも技巧をこらし、技術・演出の両面で練習していて楽しい、そして見ていて楽しいステージとなっています。
いくら楽しんでといっても、時には怪我を伴う厳しく地道な練習です。そうした練習を乗り越えられるのも、観客の皆様の前で練習の成果を発揮し音楽を表現することが、この上なく幸せな瞬間だからです。
ぜひ府中の森芸術劇場まで足をお運び頂き、私たちの作り上げた音楽で皆様と笑顔や幸福感を共有できれば幸いです。

ドリルの魅力 その二… コマ表

コマ表

マーチングをみてて疑問に感じたことはありませんか?
「あの人たちどうやって自分の場所を覚えるんだろう?」

応援部吹奏楽団では練習前にコマ表なるものが配られます。

書き込みがありますが、これはカラーガード5が赤のしるしから矢印の向きに移動するということです。
空いたスペースには部員がコメントを書いていますね!

これを実際にやって見たのが下の写真です。少し見にくいですね。

このようにコマ表とにらめっこして練習までに予習し、何度も繰り返し練習して自分の立ち位置を覚えていくのですね。

ドリルの魅力 その三… バッテリー

バッテリー

バッテリーについては素人が説明するよりも…ということで実際のプレイヤーから説明してもらいましょう。

突然ですが、バッテリーとは何かご存知ですか?
スマホを使いすぎるとなくなっちゃうあれのこと?いいえ、違います!ここでいうバッテリーとはドリルにおける打楽器のことです。

定期演奏会では、スネアドラム、クイント・トム、バスドラムの三種類のバッテリー楽器を使用しています。どれも違った魅力があり、ドリルには欠かせない楽器たちです!
そして、このバッテリーの重要な役目がドリルステージのテンポキープをすることです。
ドリルで歩いているとき管楽器の人は常に指揮を見ていることが出来ません。そんな時頼りになるのがバッテリーなのです!!
バッテリー楽器は通常の打楽器と比べて大きな音を出しやすく、その影響力は絶大です。冷静に、かつ情熱的にドリルステージを引っ張るバッテリーはドリルの中で一番の花形といっても過言ではありません。

今回の定期演奏会ではメインコーのうち一曲をバッテリーのみで演奏します。この曲はバッテリーパートが一番力を入れている曲であり、ひときわ練習に励んでいます。
打楽器のみで作り上げるステージがどんなものなのか、想像がつかない方も多いかと思いますが、決して期待を裏切らないことをお約束します!定期演奏会のドリルステージではぜひバッテリーにご注目ください!!

おまけ♡コスチューム紹介 メンツ







東大のメンツのコスチュームは爽やかな青色に白のタスキが特徴です。
振り返る時にタスキが翻る様はとてもかっこいいです。
←演奏について →チアリーダーズについて